• ART

東北地方太平洋沖地震の安否について

Googleは今回の東北地方太平洋沖地震の被災者安否を確認するためのツール「Google Person Finder」を提供しています。

このツールは被災者の氏名を検索キーとする情報サービスで、各通信会社が提供してる災害掲示板とは別のサービスです。

Googleでは、災害に関する情報や、被害状況をリアルタイムで更新している特設サイト「Google Crisis Response」も公開しています。

幸いにも私どもは全員無事ですが、多くの方々が被災をされております。
皆様方の無事をお祈り申し上げます。

なお、金曜日の地震発生時点では、私は三軒茶屋に勤務しておりましたが、17時の勤務終了から徒歩にて帰宅する事ができました。(横浜市内の自宅まで約3時間でたどり着くことができました)
電車は動いておらず、道路は大渋滞のためバスもタクシーもほとんど動けない状態でしたので、徒歩が一番早かったのではないかと思いました。
20kmならハーフマラソンと同じ程度だと思えて、迷わず歩いて帰れると思いました。
日々、走っている事は大切な事だと感じました。

関連記事

  1. 本日の日経新聞の一面に『ガンダムに学ぶ経営学』が

  2. 「Phiten」か「Colantotte」か?

  3. PS3の音楽プレーヤー化

  4. 「神様のカルテ」を観て、中小企業診断士のあり方を想う

  5. 楽しいにもかかわらず、苦痛で3分も続かないTVゲーム

  6. 英語で「はとバスツアー」ちょっと海外旅行した気分?

  7. 好きなことをとんがってやること、それが大事だってことを今回教わった

PAGE TOP