文章を書くときの起承転結について

とある方から教わりました。ニコニコ

起承転結についてです。チョキ

文書の読み手や、講義の参加者がどんなことを考えているか?を想定して、


そのテーマの重要性を顕在化させ、


人々の関心事や疑問をあぶりだして顕在化して、


その疑問への答えをクラスで考えてもらい、


答えにたどりつくという繰り返し

これを事前に自分で繰り返し、参加者や読み手の人々の回答を想像しながら練習するのです。チョキ

これが難しいんですけどね。にひひ

中小企業診断士 山口享ではなくてです。

関連記事

  1. たった一杯のコーヒーに290万ドル?「行動経済学」とは

  2. 数字の不思議

  3. スピーチや文章構成の考え方

  4. 講演の台本をつくるために

  5. 創業セミナー関係

  6. 投資育成株式会社って

  7. 最近の経済の話を金融マンから聞きました。そして恐くなりました・・・

  8. 中小企業診断士2次試験対策に関する個人的な見解

PAGE TOP