古いホームページから新しいホームページへ飛ばす

現在、とあるホームページの移行作業をしております。
ドメインの移管は終了し、あたらしいホームページも無事見れている状態です。ニコニコ

・・・と安心していたら、古いホームページをそのまま残していたため、少々混乱が生じてしまった様です。えっ

古いホームページのサーバが完全になくなるまでは、古いホームページのドメインにアクセスしたら、新しいホームページに飛ぶ様に設定しなくてはなりませんでした。にひひ

先ほど、ささっと以下のHTMLファイルを作って「index.html」を置換えました。
失礼いたしました。

■別のページに飛ばすHTMLの設定

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja” lang=”ja”>

<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″ />
<title>(ホームページのタイトル)</title>
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;URL=http://(ホームページのURL)/”>
</head>

<body>

このサイトは新しいサイトに移動しました。<br/>
自動的に切り替わらない場合は以下をクリックしてください。<br/>
<a href=”http://(ホームページのURL)/”>http://(ホームページのURL)/</a>

</body>
</html>

ちなみに、PHPなら以下のコードになる。

<?php header(“Location: http://(ホームページのURL)/”) ?>

ビックリマーク一日一回ワンクリックへご協力おねがいしますニコニコ → にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
中小企業診断士 山口亨
UTAGE経営研究所

関連記事

  1. Xoops preload で使いたいもの

  2. 画像コピー防止についての気休め

  3. GoogleウェブマスターツールからHTMLの重複についての改善

  4. 支援先のパン屋さんが雑誌に掲載されました

  5. IS06がようやくアップデート

  6. Google Analyticsのサイト内検索で文字化け

  7. IS06 Android携帯に必要なアプリ

  8. Coreserveの転送は402だから、そのままだとサイト移転時のSE…

PAGE TOP