Xoops preload で使いたいもの

XoopsでLightBoxとVideoBoxがPreloadとして使えるので、これを試してみたい。

詳細は以下で詳しく掲載されている。

http://www.photositelinks.com/modules/mydownloads/index.php?page=singlefile&cid=2&lid=4

動画の方ですこし試してみようと思う。

(1)PRELOADのダウンロード

(2)VIDEOBOXのJSやCSSなどのダウンロード、アップロード

(3)PRELOADに設定する「Videoboxset.class.php」にVIDEOBOXのファイル配置場所を適切に修正する

(4)PRELOADのアップロード

(5)VIDEOBOXのJSでSWFのファイルの保存場所の指定を適切なところに変える

(6)JSのインクルードはPRELOADで出来るが、全ページで読み込まれるのが嫌なら、ビデオ用のブロックに直接記述する

FLVはこれで再生可能となったが、VideoBoxが開いたときにサムネイルが表示されないので、すぐに再生が始まると勘違いをしたが、実際には画面をクリックしないと再生されない。

これでは、感覚的に嫌だったので自動再生できないか調べてみた。

「videobox.js」の「flv」の時にSWFObjectを作成するところ

this.so = new SWFObject(this.options.flvplayer+”?file=”+sLinkHref, “flvvideo”, this.options.contentsWidth, this.options.contentsHeight, “0″, “#000″);

の下に

this.so.addVariable(’autostart’,’true’);

を追加したら解決した。

JW PlayerはSWFObjectを使っていて、そこで作ったオブジェクトに対して、JWPlayerの設定を付け加えられるので、自動再生の設定を加えた。

中小企業診断士 山口亨
UTAGE経営研究所

関連記事

  1. アマゾンランキングのテスト3

  2. WordPressで他サイトのRSSを取得して自サイトに自動投稿する

  3. IS06がようやくアップデート

  4. IS06シリウスαのバッテリ

  5. アマゾンランキングのテスト2

  6. 画像コピー防止についての気休め

  7. Xoopsでfckエディターのカスタマイズ

  8. IS06シリウスアルファで初めてびっくりな現象に遭遇しました

PAGE TOP