XoopsでSSL

XoopsでSSLを使うときのメモです。

// 追加
if(isset($_SERVER[‘HTTPS’]) && $_SERVER[‘HTTPS’]!=’off’) {
define(‘XOOPS_URL’, ‘https://hogehoge.com’);
}
else {
define(‘XOOPS_URL’, ‘http://hogehoge.com’);
}

とまあ、こんな感じに「mainfile.php」に追加して、デフォルトのDefineはコメントアウトしておくこと

// コメントアウト
//define(‘XOOPS_URL’, ‘http://hogehoge.com’);

中小企業診断士 山口亨
UTAGE経営研究所

関連記事

  1. 「WP Super Cache」をCoreserverに入れた

  2. PS3の音楽プレーヤー化

  3. Macのメモリ増設

  4. IS06 Siriusα の利用レポート

  5. さくらインターネットの共有SSLde問い合わせモジュールだけSSL化

  6. アマゾンランキングのテスト2

  7. AmebaからFacebookへ、連携方法の変更

  8. 画像コピー防止についての気休め

PAGE TOP