Coreserveの転送は402だから、そのままだとサイト移転時のSEOは不利

いやー、やっと出来ました。
CoreserverでSEO的に大丈夫な様に、ドメイン変更する方法を

最初は、何も考えずに、「マイドメイン」の「ドメインウェブ」で普通に転送先のURLを入れて単純に転送してただけでした。
サーバー内に余計なディレクトリができるのも嫌なので、「NoDir」にもチェック入れてました。

WordPressの変更もなんとか終えて、(DB内のURLの書き換えで一括変換したら、一部のモジュール部分のコンテンツが吹っ飛びましたが・・・)見た目的に無事転送されてよし良し と思ってました。

しかし、いつまでたってもGoogelで検索すると、古いURLが表示されっぱなしです。

「うーん、どうすれば良いのだろうか?そういえば、Googleにはウェブマスタツールというのがあるから、そこから設定できそうなだなぁ?」

ということで、ウェブマスターツールを開いてみると、確かに「アドレス変更」なるものがある。
そこをちょいちょいと設定するところまではOK。

数日たっても変化無し。そういえば、ウェブマスターツールのヘルプには302ではなくて301がどうのこのとか・・・

調べてみるも、Appachの設定らしくどうやら面倒くさそう。
ウェブマスターツールで変更通知したし、しばらくほっといたらそのうち切り替わるでしょう。

っと、思いつつもやっぱり不安。だから調べました。

そしたら、Coreserverの転送設定は302になっていることが判明。
調べ方は、http://web-sniffer.net/のサイトで転送元のURLを入れるとわかります。

入れてみたら、見事に302

そうそう、301は恒久的な転送で、302は一時的な転送ということらしく、Googleは301の恒久的な転送の場合はサイトの移転があったと認識するけど、302は一時的(メンテ中とか?)だからそのままっぽいのです。

では、どうすればよいか、調べた所、「.htaccess」に記述すればよいとのこと。

1)まずは、Coreserverの転送設定を解除し、それぞれのドメインのディレクトリも作成
(NoDirのチェックを外す)

2)つぎに、「.htaccess」ファイルを作成(もともとあれば、コピーしてきて記述を追加)
記述する中身は以下のとおり。


Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^jigyoshokei¥.jp$
ReWriteRule ^(.*)$ http://www.jigyousyoukei.co.jp/$1 [R=301,L]

2行目でRewriteエンジンをオンにして
3行目で、転送元のドメインを正規表現で指定
4行目で、転送先のドメインを301で指定してあげる

ちなみに、今回の場合は
転送元 : jigyoshokei.jp
転送先 : http://www.jigyousyoukei.co.jp/
となります。

これと同じく、
転送元 : www.jigyoshokei.jp
転送先 : http://www.jigyousyoukei.co.jp/
も追加しました。

再度、http://web-sniffer.net/のサイトで転送元のURLを入れてチェックしてみると、無事に301で転送されることが確認できました。

いやー、よかったよかった。
これで、Googleの検索がどのようになるか、しばらく様子を見たいです。

ちなみに、今回設定したサイトは事業承継のコンサルタント集団のホームページです。

関連記事

  1. MACでファイルの関連付け

  2. IS06 Siriusα

  3. IS06 Android携帯に必要なアプリ

  4. PS3の音楽プレーヤー化

  5. 「WP Super Cache」をCoreserverに入れた

  6. CoreserverでWordPressが開かなくなった

  7. WordPressのインストールめも

  8. GoogleウェブマスターツールからHTMLの重複についての改善

PAGE TOP